イシンホーム住宅研究会とは 

イシンホーム住宅研究会は、家造りを天職とする日本全国約230店が参加する真面目な家づくり研究ネットワークです。 
常に未来を先取りする研究・開発型の企業です。

技術開発部門・商品開発部門・人材教育部門としてイシンホーム・フランチャイズ事業部を設立、平成14年12月より良い家を全国に広げるため「イシンホーム・パートナーサポート(PS) ・システム」とシステム変更し、蓄積したノウハウや研究実績を自社のためだけでなく、全国に提供し、喜ばれています。

さらに、平成19年10月より加盟各社の強みを活かし、お客様のニーズに合った商品開発、目的追求型の集団である事をわかりやすく伝えるため「イシンホーム住宅研究会」に名称変更しました。

さらに平成26年4月、イシン住宅研究会は各それぞれの地域で会員店が地域No.1の顧客満足度になっていただくようイシンNo.1同盟(クラブ)を結成。さらなる徹底した研修制度を行い、イシン式マニュアルに沿った教育を直営店・会員店とともに行っております。コンビニエンスストアーやファーストフード店が直営店、会員店とで誤差がないのと同様イシンもしっかりイシン式マニュアルに基づいた教育を行い、イシンホームのクオリティを常に最高水準に保てるよう心がけています。

 

 究仕事道繁栄会について 

イシンホーム住宅研究会には、「究仕事道繁栄会」という全国規模の勉強会のグループがあります。

「お客様と得意先に尽くす仕事の道を究めて繁栄する」仲間の会です。

工務店と業者・職人が力を合わせ、お客様に「最高の仕事」をして、喜んでいただくための方法を学び、実践し、 共に喜びを分かち合い成長する中で繁栄発展を目指すことを目的とします。
最高の仕事とは、家と、家を造るときのお客様と私たちの心の両方において満足度が最高である仕事です。

働く意欲を促し、仕事を通して、世の中からもっと喜ばれるために―。

この永遠のテーマに向い、究仕事道繁栄会はこれからも勉強し続けます。

 

ページトップへ