今年の梅雨明けは平年並みの7月中旬と予想が出ているそうです。

夏が近づいていますね。

一足先に夏の味覚スイカを、お隣さんからいただきました。

スイカは果物なのか野菜なのか、「果実的野菜」という分類に入るそうですが

夏野菜はなぜ色が濃いのでしょうか。

スイカの鮮やかな赤を見ていると少し疑問がわいたので調べてみました。

夏野菜は強い紫外線から自分の身を守るために色を濃くするそうです。

たとえば、赤いトマトやスイカに含まれる「リコピン」は、紫外線の害から身を守るために作られる天然の化学物質である「ファイトケミカル」のうち、

「カロテノイド」と呼ばれる色素成分の一つで、抗酸化力が特に強いことで知られているそうです。

夏野菜がカラフルなのは植物が強く生き抜くための工夫、

季節の夏野菜を上手に摂って、自然の力をいただきながら今年も暑い夏を乗り切っていきたいものです。

1ページ (全293ページ中)