堀内 一磨 自己紹介へ

二級建築士製図試験 講師による採点結果

2021/09/23(木) 堀内 一磨

19日㈰に担当講師による製図試験の復元採点会に行ってきました。

 

講師からは・・・・「合格発表日を待とう」との事でした。

本来なら軒高オーバーで一発アウトなのですが、今回は敷地が傾斜という事もあり

床レベル上げる形になるのですが、床高を上げたままで2階・3階の天井高を修正せずにそのままで軒高オーバーとなっている人が多く

もしかしたら減点で済むかもしれないとの事で現時点では判断が難しいとの事でした。

部分詳細図も開口部を含む部分という事で未完成図面の人が多いみたいです。

 

本来、建物高さは地盤高さからで、今回の傾斜地盤の場合、建物に接する部分の高低差の平均が地盤高となりそこから建物高さなるのですが、

平面図だけでそれが計測できるかといえば難しいと思います。

それを試験官がどう捉えるかによって採点基準が変わると思います。

 

何にしろ合格発表(12月2日)を待ちます。

良い報告ができるよう願うばかりです。

 

 

2級建築士を受験された方々試験日までの勉強お疲れ様でした。

自分は製図からだったので2月から勉強スタートでしたが、学科からの人は去年の12月ぐらいから勉強し始めてる方もいると思います。

とりあえず合格発表までゆっくり休んでください。

お疲れ様でした。

 

1ページ (全227ページ中)