大嶋 康久/ホームアドバイザー 自己紹介へ

春日町で平屋の見学会 好評開催中!

先日お客様と「相続税」の話をしていて

問い合わせがありました。

例えば

親が20,000,000円のこしてたくなった場合、

相続税はどれぐらいかかりますか?

 

この場合は、

「相続税」なしで相続できますよね。

いくらまでなら相続税なしでせきますかね?

 

法律上これ以上の額にならないと

相続税はかかりませんと言う決まりがあって、

これを「基礎控除」といいますね。

基礎控除は30,000,000円あって、

30,000,000+6,000,000円×相続人の数で

決まると聞いています。

例えば、お父さんお母さん、長男、長女と

いったといった4人、家族の場合であれば

相続人の数は3人ですね。

この場合の基礎控除額は、

30,000,000+6,000,000円× 3

= 48,000,000円となるので相続税はかかりませんね。

ただこれを生前にもらったら「贈与税」がかかりますね。

亡くなってからもらったほうがいいですね。

亡くなってからもらえば、相続税はかかりませんね。

 

もう少し調べていたら、日本で相続税のかかる人の割合は

8%と言われているそうです。

あまり多くないですね。

それは、「基礎控除額」を超える家庭が

そんなに多くないからですね。

 

別の事例で

親から1億円相続した場合、相続税はかかりますね。

たとえは首都圏でマンションを持っていたら

それだけで結構高いので、相続税がかかりやすくなりますね。

地方だと土地も建物もそんなに高くないので

「相続税」がかかる人はそんなに多くないということですね。

 

とても、勉強になりました!

 

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら森下住建へ 

本日のスタッフMBLOG更新担当 

 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

 

PS.

ロボットが運んでくれる「モンブラン」がおいしすぎます!

  

 

1ページ (全291ページ中)