スタッフブログ

来週の週末、峰山町で完成見学会!

大嶋 康久 自己紹介へ
2019/07/20(土) 大嶋 康久綾部店

 

「お中元商戦]

なんていう言葉を使ってたことも有ります。

お中元は、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝えるための

大切なコミュニケーションツールの1つと言われています。

しかし、社会人になったことを機にお中元を贈ろうと考えている方など、

初めてお中元を用意する方の中には「お中元はいつ贈ることが正しいのか」

分からず、困ってしまうこともあると聞きます。

お中元は地域によって贈る時期が異なるそうです。

東海・関西・中国・四国のお中元は、

7月15日~8月15日までに贈ることが一般的と書いてありました。

しかし、お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、

年々早くなっているそうです。

お中元として贈ることができる時期は8月15日までのため、

8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなりますね。

しかしお中元の時期が早まっていることもあり、

9月に入ってから残暑見舞いを贈ると、

先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。どうしても8月15日までに

お中元を贈ることができない場合は、8月25日ごろまでに残暑お見舞いが届くよう手配しましょう。

ビールやフルーツ、スィーツが人気だとか、聞きました。

 

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら森下住建へ 

本日のスタッフM・BLOG更新担当 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

 

PS 

本当に悲しい事件が起こっています

記事一覧

1ページ (全83ページ中)

ページトップへ