最近、建築巡りや美術館巡りにはまっており、休みの日になると計画をして出かけています(笑)

今日は先日訪れた美術館をご紹介したいと思います。

 

神戸市にある「横尾忠則現代美術館」へ行ってきました。

建築家である「村野藤吾氏」が初めての美術館作品として設計。2012年に改修された施設になってます。

施設内には「横尾忠則氏」の作品が展示されており、また多彩な展覧会を開催し、国際的に高く評価されている横尾氏の魅力を

国内外にアピールしている施設になっています。

 

施設内はたくさんの横尾氏の作品が展示されていました。

展示会場は4階層になっていて、階層ごとにコンセプトに合わせて空間の作り方が異なっており、面白い空間になっていました。

作品のコンセプト、色の使い方、描き方が1つ1つ異なっており、描き方ひとつ変えるだけでこんなに異なるのだと実感しました。

また、空間の使い方、使い分けなどもすごく勉強になりました。

最上階はほかの階とは異なり、すごくカラフルな空間になっていて、奥のスペースには一面鏡の空間になっていました。

座って街を眺めることができ、芸術的休憩所みたいでした(笑)

 

最近芸術の良さに気づき、芸術鑑賞は意外と勉強になることばかりで、最近マイブームになってます(笑)

皆様もぜひ近場でもいいので、足を運んで見てください(笑)

1ページ (全287ページ中)