太田 智子 自己紹介へ

素敵なオブジェ♪

2022/07/01(金) 丹波店太田 智子

お客様に教えていただいた、とあるベーカリーCaféが大好きで時間が合えば良く行きます。

お昼に行くとランチが食べられますが、パン屋さんなのでランチはサンドイッチです。

無農薬小麦粉を使った天然酵母のパンと自然素材にこだわった地場で採れた野菜をふんだんにとりいれた

美味しい美味しいサンドイッチを出してくださいます。

 

スープももちろん無農薬野菜を使用されています。

そしてなんと、デザートもパン!

 

ランチもデザートもパンづくしですが、ひとつひとつに個性があり全く違う味を味わえます。

お店に電話がなく予約ができないので、ランチを食べられるのはご縁あっての事

 

場所は宿場町の通りに立ち並ぶ古民家を改修したお店の1軒ですが、入口は道路とは面しない奥にあります。

昔の古民家の面影をうまく残し、大きな改装はされていないような店内です。

お店に入ると一番に目にはいってきたカラフルなモザイクタイルのこれ・・・

何かわかりますか?

なんと! 井戸です。

店内にある古い井戸がこんなに可愛くリメイクされていました♡

お店の方にお話しを聞くと

井戸には神様が宿ると言われていて、この建物を新しい拠点として選んだのもこの井戸のお陰。

壊すのではなく、お店の守り神として使わせていただこう。

と奥様の好みに合わせて可愛くリメイクされて、お客様をお迎えするカウンターオブジェとして再利用されたそうです。

映画や昔話の影響で井戸はマイナスなイメージがありますが、決してそうではないという事を教えていただきました。

お店の玄関を道路から奥へ入った向きにされたのも、この井戸をお店の玄関として使いたかったからだそうです。

井戸の水は使えないので、きちんとガラスの蓋をして危なくないようにされていました。

きちんとお祀りもされています。 こんなに可愛くお色直ししてもらって神様もきっと喜んでおられますね。

大阪から移住してお店を出された店主様の大切な大切な心が込められた本当に素敵なお店です。

最後に『この土地に引っ越してきて本当に良かった。ここは私たちにとっては天国です。』と話してくださいました。

そんな思いが、作られるパンにも込められているんだなと温かい気持ちになりました。

1ページ (全227ページ中)