大嶋 康久/ホームアドバイザー 自己紹介へ

2会場で完成見学会開催中!

先日、お客様と金融機関に行くことがあり

書類にハンコを押していただくのですが、

「押印」と「捺印」とういう言葉があり

何となく使っていました。

 

両方とても似ている言葉なので、どう使い分けるのか、

調べてみました。

意味も似ていそうですが、実際には、違いが明確にあるそうです。

■「押印」とは「記名押印」を略したもので

「記名」とは自署(自筆による記名・サイン)以外に

よって記された名前を示すもので、

あらかじめパソコンや、ゴム印で印字されているのが一般的です。

 

■「捺印」とは、「署名捺印」を略したもの

「署名」とは、本人が自筆した名前のことで

筆跡鑑定によって、本人の意思に基づいて作成されたものを

証明することができます。

 

まとめると

「押印」は記名押印なので自筆サインはなし

記名に印鑑

「捺印」は署名捺印なので自筆サインあり

自署に印鑑と、

わかりました。今後、使ってみます。

 

  

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら森下住建へ 

本日のスタッフMBLOG更新担当 

 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

PS.「平板瓦屋根」洗ったら、とてもきれいになりました。

 

1ページ (全282ページ中)