大嶋 康久/ホームアドバイザー 自己紹介へ

7月17日まで平屋完成見学会開催中!

京丹後市大宮町にて平屋完成見学会開催中!

 

イシンホームの実例のお住まいをぜひ会場にてご覧ください。

ご予約お待ちしています。

 

  「熱中症注意」の記事の

「打ち水」のキーワードに興味があって、深追いしてみました

 

「打ち水」は、昔ながらの夏の暑さ対策の一つで、

最近は住宅事情などもあり、あまり行われなくなっているようですが、

ヒートアイランド現象対策やエコな暑さ対策として再注目されているそうです。

 

「打ち水」とは、道路や家の周りに水をまき、涼をとるのに好ましく

基本的に気温より水温のほうが低くなるため、日差しで暖められた地面に

水をまくと、水で冷やされた地表の温度が下がり

水は蒸発するときに周りの熱を奪う、気化熱という効果もあるそうで、

温まったアスファルトなどに打ち水をすると、

気化熱によって水をまかれた周辺の温度も下げることが可能ですね。

思い立ったときに適当に水をまけばよいというものでなく、

正しい方法で行うことで、より高い効果が得られるそうです。

衛生面に配慮した水を使用してください、また朝や夕方など、

日差しが強くない時間帯に行うのが効果的です。

日差しが強いと、打ち水をしてもすぐに蒸発してしまいますね。

打ち水は、行う場所によってより高い効果が期待できます。

風通しがよい日陰、家の屋根や壁が良いそうです。

また、エアコンなどの室外機のまわりも効果的で、

室外機の周囲を冷やすことも効果的です。

日陰を作ったうえで、

室外機のまわりに打ち水をするとよいでしょう。

ただし、室外機そのものに水をかけるのは

故障の原因になるため注意してください。

人や車にかけないようにしてください。滑って危ないですね。

 

ちょっと「エアコンの温度」にも注目してみたくなりました。

 

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら㈱森下住建へ 

本日のスタッフMBLOG更新担当 

 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

 

PS.サーティーワン日本上陸50周年!

おいしすぎます。

 

1ページ (全282ページ中)