大嶋 康久/ホームアドバイザー 自己紹介へ

週末は春日町で平屋の見学会♪  

 

先日ショート動画を見ていたら

少し目を引くCMが出ていました

 

誰もが知っているであろう童話の

「ウサギとカメ」の話なのですが、

どうしてウサギは負けて、カメは勝てたのか知っていますか?

なげかけでした!

 

昔に何となくおそわったのは、

「ウサギは油断して昼寝をしてしまった。

カメはコツコツと歩みを進めて、ウサギを追い抜いてしまった。

しかし、これが思わぬ結果をもたらした」

 

これは、本当の理由ではない。

では、いったい何なのか???

 

全然わかりませんでした!?!?

 

答えは……

端的にいえば、ウサギとカメでは、

「見ているところが違った」ということなんですね。

 

ウサギは何を見ていたのか?

ウサギは、カメを見ていました。だから、ノロノロとやってこない

カメに、油断をしてしまった。

 

対するカメは何を見ていたか?

ゴールを見ていたのですね。

カメがウサギを見ていたら、昼寝をしているウサギを見て、

自分も休んでしまったかもしれない。

 

ところが、カメはそうしなかった。

ゴールを見ていたからです。

 

何が言いたいかと言うと、

ゴールは何かをしっかり見極め、競争相手に惑わされることなく、

ゴールを見ることの重要性です。

レースの本質をしっかり捉えよ、ということです。

 

カメはゴールを見ていたから、歩みは遅かったけれど、

足の速いウサギに勝てた。

「見ているところが違った」から、この結果が生まれたのです。

と、結論が書いてありました。

 

今、見ているところは、本当に正しいでしょうか?

隣や周囲ばかりを見てしまえば、

ウサギのように負けてしまいます。

ゴールをしっかり見て、カメのように、

一歩ずつ進んでいきましょう。

 

何となく、頭の中ではわかっているようですが

気が付いたら、隣や周囲ばかり見ていますね。

 

 

とても、勉強になりました!

 

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら森下住建へ 

本日のスタッフMBLOG更新担当 

 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

 

PS.

作品名 「なだのダルマのダルマだな」

  LEGOってすごい

1ページ (全288ページ中)