大嶋 康久/ホームアドバイザー 自己紹介へ

丹波市氷上町横田にて2邸同時ご見学会開催中!  

何となく京都新聞を見ていたら、

年末の風物詩で、今年を代表する言葉を選ぶ

「現代用語の基礎知識選 2023ユーキャン新語・流行語大賞」が

発表され、38年ぶりの日本一を達成した阪神タイガースの流行ワード

「アレ(ARE.)」が年間大賞に輝いたと書いてありました。

 

2年前は「リアル二刀流/ショータイム」、

昨年は「村神様」に続いて、

野球関連が3年連続だそうです。

 

阪神関連では過去に2003年の「勝ちたいんや!」など

3度ノミネートされていたが、年間大賞は初受賞となったそうです。

 

実はあまり知らなくて、「アレ」って?

なにって思ってました。

“原案者”である岡田彰布監督(66)が受賞者だそうです。

「アレ」の起源は13年前にさかのぼるそうで

岡田監督がオリックス監督時代の2010年、

交流戦で勝利を重ねる中、選手が意識しすぎないように

「優勝」とは言わず「アレ」という表現を使用。

コーチや報道陣まで「アレ」と表現し、初優勝を飾った歴史があるそうです。

当時は交流戦優勝グッズとして「アレしてもうた」Tシャツが

売り出されるなど話題となったらしいです。

全然知りませんでした。

個人的には、

「あこがれるのをやめましょう!」の1強かと思ってました。

 

 

北近畿で、木造・新築・一戸建・リフォームするなら森下住建へ 

本日のスタッフMBLOG更新担当 

 

大嶋(●⌒∇⌒●)でした!

 

PS.素敵なお誕生日の演出です!

1ページ (全293ページ中)