常石 絵理 自己紹介へ

夏休みの超大作

2023/08/23(水) 丹波店常石 絵理

息子の夏休みの工作がついに、ついに、ついに!完成しました。

 

篠山城にある手作り甲冑を見たのがきっかけで始まった兜・甲冑作り。

まず篠山城の事務局に甲冑を作られてる方にアポをとってもらい、そこから面談を経て甲冑・兜作りがスタート。

6月から1.2週間に1度篠山に行って、どんな甲冑・兜を作るか打ち合わせして、紐の色を決めたりしながら、

7月入っていよいよ兜・甲冑作りがスタート

(制作にどれぐらいかかるか分からなかったから、少しフライングして作ってました)

 

パーツは揃えてもらいましたが、ヘルメットの塗装や兜の鍬立は型紙を使って息子が作成。

紐を編むの全て息子の作業。(太い紐や特殊な括り方の紐は師匠にやってもらいました)

終わるかな?最後まで出来るかな?と心配でしたが、弱音も吐かず、毎日コツコツ頑張りました。

本当に素晴らしい作品になって、達成感がすごいです!

来年以降の工作のモチベーション維持できるか心配ですが(^^;

息子も自分だけの甲冑・兜に満足しています♪

 

来年は伊達政宗公の兜を作りたいんだそう^^

『好きこそものの上手なれ』ですね(^^♪

1ページ (全269ページ中)