スタッフブログ

麒麟がくる

森下 真一 自己紹介へ
2018/04/23(月) 綾部店森下 真一

東京オリンピックの年2020年の大河ドラマが、

明智光秀の生涯を描いた「麒麟がくる」に決まりました。

美濃の斎藤道三の家臣から本能寺の変まで、智将明智光秀が

どう描かれるのか楽しみです。

麒麟について今回の企画意図は「王が仁ある政治を行うときに

必ず現れるという聖なる獣」ということだそうです。

これまで明智光秀は悲運の将や、裏切り者のように描かれるのが

多かったですが、今回は光秀からみた戦国時代、どんなドラマに

なるのか楽しみです。

福知山市の経済効果もかなり大きいと予測されています。

福知山城もガラシャが嫁いだ宮津の細川家もありますし、

京都北部の観光地も観光客で賑わい、大きな地域おこしになれば

良いですね。

記事一覧|2018年04月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ