森下 真一/取締役会長 自己紹介へ

「パパとなっちゃんのお弁当」

料理経験のまったくなかったパパが、娘のために高校3年間

毎朝お弁当作り、合計700個のお弁当を作る、実話をもとにした

毎朝5分間ほどの連続ドラマですが、出勤前の楽しみになりました。

ユニークな父の気持ちを書いたお品書きを添えたお弁当にほっこり

します。

建築現場の職人さんたちも、みんなお弁当のお世話になっています。

愛妻弁当あり、コンビニ弁当あり、カップ麺もあります。

毎朝早起きして、職人さんたちにお弁当を作ってくれている奥様方には

本当に感謝です。

私はといえば、奥方様に43年間お弁当をお世話になっておりまして、

なっちゃんのパパは700個ですが、うちの奥方様はおそらく12000個以上は

作っていると思います。あって当たり前のように食べているお弁当ですが

ありがたい事です。「パパとなっちゃんのお弁当」を観ていて改めて

感謝した次第です。

1ページ (全282ページ中)